ニュース
» 2015年01月13日 13時11分 UPDATE

Atrust Computer、LinuxベースOSを採用した21.5型液晶一体型シンクライアント「A66」

アスクは、台湾Atrust Computer製となる液晶一体型筐体採用のシンクライアント端末「A66」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo A66

 アスクは1月13日、台湾Atrust Computer製となる液晶一体型筐体採用のシンクライアント端末「A66」の取り扱いを発表、1月中旬に販売を開始する。

 ARMベースのクアッドコアプロセッサを採用したシンクライアント端末で、フルHD表示対応の21.5型ワイド液晶を装備。OSは、Linuxベースとなるシンクライアント専用OS「Atrust OS」を搭載した(プロトコルはCitrix ICA/HDX、Microsoft RDP with RemoteFX、VMware Horizon Viewに対応)。またファンレス仕様の静音設計となっているのも特徴だ。

 メモリは1Gバイト、ストレージは4Gバイトを内蔵。ほかギガビット有線LAN、USBポート×4なども利用可能だ。本体サイズは512.8(幅)×143(奥行き)×379(高さ)ミリ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.