ニュース
» 2015年01月19日 14時52分 UPDATE

ムトーエンジニアリング、造形精度を高めた3Dプリンタ「MF-1100」など2製品

ムトーエンジニアリングは、同社製3Dプリンタ「Value 3D MagiX」シリーズの新モデルを発表。新開発ヘッドの採用によりプリントの高速化と高精度化を実現した。

[ITmedia]
photo MF-1100

 ムトーエンジニアリングは1月19日、同社製3Dプリンタ「Value 3D MagiX」シリーズの新モデル「MF-1100」「MF-1150」を発表、本日より販売を開始する。価格は単体モデルのMF-1100が22万円、簡易3Dソフト付属モデルのMF-1150が23万円だ(ともに税別)。

 2製品はともに同社製従来モデル「MF-1000」の後継製品で、新開発ヘッドの搭載により造形スピードを1.2倍に高速化。“バリ”や“返し”の出ない綺麗な造形を行うとが可能となっている。また、従来モデルではオプションとなっていた内部照明用LEDライトが標準搭載となった。

 本体サイズは550(幅)×500(奥行き)×530(高さ)ミリ、重量は17キロ。対応OSはWindows 7/8/8.1だ。

関連キーワード

3D | 3Dプリンタ | 後継モデル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう