ニュース
» 2015年01月22日 13時30分 UPDATE

リコー、法人向けプロジェクタ製品のラインアップを強化――計11機種を投入

リコーは、同社製プロジェクター製品「RICOH PJ」シリーズのラインアップを刷新、オフィス/教育現場向けモデル11機種を発表した。

[ITmedia]

 リコーは1月22日、同社製プロジェクター製品「RICOH PJ」シリーズの新モデルとなるオフィス/教育現場向けモデル11機種を発表、2月6日より順次販売を開始する。価格はいずれもオープン。

 会議室などでの利用に向く“デスクエッジモデル”としては、短焦点レンズを搭載した「RICOH PJ WX3351N」「同 WX3351」「同 X3351N」「同 X3351」の4シリーズを用意。従来モデルの特徴を継承しつつ、新たに横台形補正機能を搭載し設置性を向上させたほか、Miracastによるスマートデバイスでの投写もサポートした。

 このほか、スタンダードモデルにはフルHD投写対応モデルの「RICOH PJ HD5450」をはじめ「RICOH PJ WX5460」「同 X5460」の計3機種を追加。またエントリーモデルには、従来モデルから輝度を高めた「RICOH PJ WX2240」「同 X2240」「同 K111」の3機種を用意した。ほか、教卓設置向け短焦点モデルのラインアップにネットワーク接続対応モデルの「RICOH PJ WX4241N」が追加されている。

photophoto
photophoto RICOH PJ WX3351N(左上)、同 WX4241N(右上)、同 HD5450(左下)、同 WX2240(右下)

 主要モデルの予想実売価格は以下のとおりだ。

製品名 予想実売価格(税別)
RICOH PJ WX3351N 22万1800円
RICOH PJ WX4241N 20万1800円
RICOH PJ HD5450 19万5500円
RICOH PJ WX2240 9万9800円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.