ニュース
» 2015年01月28日 11時22分 UPDATE

エス・アンド・アイ、同社製シンクライアント「ThinBoot ZERO」に“Surface Pro 3”ベースの端末を追加

エス・アンド・アイは、同社提供のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」シリーズに「Surface Pro 3」ベースのモバイルシンクライアント端末を追加した。

[ITmedia]
photo ThinBoot ZERO Surface Pro 3シンクライアント(タイプカバーキーボードは別売)

 エス・アンド・アイは1月28日、同社提供のシンクライアント端末「ThinBoot ZERO」シリーズに「Surface Pro 3」ベースのモバイルシンクライアント端末を追加、提供を開始する。価格はオープン。

 今回のモデルは、マイクロソフトが販売する法人向け「Surface Pro 3」をベースとしたシンクライアント端末で、OSとしてWindows Embedded 8.1 Industryを搭載。導入企業の要望に応じたカスタマイズにも対応するとしている。

 本体仕様はSurface Pro 3に準じ、プロセッサは第4世代Core i3を搭載。メモリは4Gバイト、ストレージは64Gバイトを内蔵、UEEE802.11a/b/g/n/ac無線LAN、USB 3.0、microSDカードスロット、Mini DisplayPort出力なども備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.