ニュース
» 2015年01月28日 12時54分 UPDATE

アスク、台湾Atrust Computer製の14型モバイルシンクライアント「mt180W」など2製品

アスクは、台湾Atrust Computer製となる14型モバイルシンクライアント端末「mt180W」「mt180L」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo mt180W/mt180L

 アスクは1月28日、台湾Atrust Computer製の14型モバイルシンクライアント端末2製品「mt180W」「mt180L」の取り扱いを発表、2月中旬に販売を開始する。価格はオープン。

 2製品はいずれも1366×768ピクセル表示対応の14型ワイド液晶を内蔵したノートPC型シンクライアント端末で、プロセッサとして“Bay Trail”1.58GHzを搭載。導入OSは、mt180WがWindows Embedded 8 Standard、mt180LがLinuxベースのシンクライアント用OSとなるAtrust OSを採用している。

 メモリはともに2Gバイト、ストレージはそれぞれ8Gバイト/4Gバイトを標準で搭載。IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、ギガビット有線LAN、アナログD-Sub出力なども備えている。本体サイズは339(幅)×239.4(奥行き)×25.4(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.