ニュース
» 2015年01月29日 15時34分 UPDATE

パソコン工房、中小規模ネットワーク向けのXeon搭載1Uラックマウントサーバ

ユニットコムは、1Uラックマウント筐体を採用したビジネス向けサーバ「bz-RX1330M1」の販売を開始した。

[ITmedia]
photo bz-RX1330M1

 ユニットコムは1月29日、“iiyama Biz”ブランド製となるラックマウントサーバ「bz-RX1330M1」シリーズを発表。パソコン工房にて販売を開始した。

 富士通製PCサーバ「PRIMERGY」をベースとした独自構成のカスタムモデルで、1Uラックマウント対応の薄型筐体を採用。ラインアップは、Xeon E3-1231v3/500GバイトHDD搭載の「bz-RX1330M1-X-SVE」、Xeon E3-1231v3/500GバイトHDD×3基搭載の「bz-RX1330M1-X-SVH」、Xeon E3-1231v3/2TバイトHDD×4基搭載の「bz-RX1330M1-X-SVS」の3構成を用意。最上位モデルのbz-RX1330M1-X-SVSはRAID 0+1構成を標準で導入している。

 標準構成価格(OSレス時)はbz-RX1330M1-X-SVEが12万9980円、bz-RX1330M1-X-SVHが18万7980円、bz-RX1330M1-X-SVSが23万906円(いずれも税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.