ニュース
» 2015年02月19日 11時42分 UPDATE

マカフィー、中小企業向けの統合セキュリティスイート「McAfee Endpoint Protection for SMB」

マカフィーは、中小規模企業向けのセキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection for SMB」を発表した。

[ITmedia]

 マカフィーは2月19日、中小規模企業向けのセキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection for SMB」を発表、2月23日に提供を開始する。

 中小規模企業にも利用しやすい価格帯を実現した包括的セキュリティスイート製品で、従来のオンプレミス型管理機能のほか、クラウドベースの管理機能も備えた。

 製品のエディションは、マルウェア対策機能/デスクトップファイアウォール機能やデバイス制御機能などを備えた「Essentialエディション」と、さらにメール対策やモバイル端末管理機能/モバイルマルウェア対策機能などを加えた上位の「Advancedエディション」の2タイプを用意。契約は新規ライセンス購入のほか、現在マカフィー以外のエンドポイントセキュリティ対策を導入中の中小企業向けとなる“乗換え用ライセンス”も用意している。

 各エディション/ライセンスの参考価格は以下のとおりだ。

エディション 価格(税別)
McAfee Endpoint Protection Essential for SMB(新規) 1ノードあたり年間3,380円〜(101〜250ノードで1年契約の場合)
McAfee Endpoint Protection Essential for SMB(乗換え) 1ノードあたり年間2,190円〜(101〜250ノードで1年契約の場合)
McAfee Endpoint Protection Advanced for SMB(新規) 1ノードあたり年間6,760円〜(101〜250ノードで1年契約の場合)
McAfee Endpoint Protection Advanced for SMB(乗換え) 1ノードあたり年間4,390円〜(101〜250ノードで1年契約の場合)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.