ニュース
» 2015年02月24日 12時36分 UPDATE

ネットギア、“国内初”3バンド同時接続に対応した11ac無線LANルータ

ネットギアジャパンは、IEEE802.11ac接続に対応する無線LANルータ「Nighthawk X6 R8000」を発表。5GHz帯×2と2.4GHz帯×1の三つの周波数帯を同時に使用可能となっている。

[ITmedia]
photo Nighthawk X6 R8000

 ネットギアジャパンは2月24日、IEEE802.11ac接続対応の無線LANルータ「Nighthawk X6 R8000」を発表、4月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は3万4980円前後(税込み)。

 “日本市場初”をうたったトライバンド対応の無線LANルータで、計6機のアンテナを内蔵し最大1300Mbpsの5GHz帯(IEEE802.11ac)×2と600Mbpsの2.4GHz帯(IEEE802.11n)×1の三つの帯域を同時に利用可能となっている。また、子機の対応速度にあわせて自動で周波数帯を割り当てる「Smart Connect テクノロジー」、子機の位置に応じ電波の方向や出力を最適化する「Beamforming+テクノロジー」も備えている。

 有線ポートはギガビット×5(LAN側×4、WAN側×1)を装備。また各種USB機器を共有できるUSBポートも2基(USB 3.0×1、USB 2.0×1)も備えた。本体サイズは295.5(幅)×226.8(奥行き)×54.5(高さ)ミリ、重量は1.1キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.