ニュース
» 2015年03月11日 13時03分 UPDATE

アイ・オー、WSS 2012 Standard Editionを導入した法人向けハイパフォーマンスNAS

アイ・オー・データ機器は、法人向けの高信頼ビジネスNAS「HDL-Z2WLC2」「HDL-Z4WLC2」シリーズを発表。ともにOSとしてWindows Storage Server 2012 R2 Standard Editionを導入したモデルだ。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は3月11日、法人向けの高信頼ビジネスNAS「HDL-Z2WLC2」「HDL-Z4WLC2」シリーズを発表、4月下旬に出荷を開始する。

photophoto HDL-Z2WLC2シリーズ(左)、HDL-Z4WLC2シリーズ(右)

 OSとしてWindows Storage Server 2012 R2の上位エディションとなる“Standard Edition”を搭載したモデルで、50名以上の同時アクセスをサポートするほか、最大64Tバイトまでの仮想ディスク作成機能、重複データ除去機能なども利用可能となっているのが特徴だ。

 HDL-Z2WLC2シリーズは2ベイ搭載モデルで、ラインアップは2Tバイトモデル/12Tバイトモデルの2タイプを用意。価格はそれぞれ26万8000円/36万8000円だ(税別、以下同様)。

 HDL-Z4WLC2シリーズ4ベイ搭載モデルで、ラインアップは4Tバイトモデル/16Tバイトモデル/24Tバイトモデルの3タイプを用意した。価格はそれぞれ32万8000円/40万8000円/52万5000円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.