レビュー
» 2015年03月19日 14時00分 UPDATE

動画で360度チェック:「群を抜いた、いいできに仕上がっている」――新型VAIO Zの開発責任者が語る

日本の物作りを徹底的に追求したという新型「VAIO Z」。その魅力について、開発責任者が動画コメントを寄せてくれた。また、高速なVAIO Zの起動や終了も動画で見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

歴代VAIO Zシリーズの中でも完成度は一番高い

 ソニーから離れ、満を持して投入した新型「VAIO Z」だが、その出来具合はどうなのだろうか。歴代のVAIO Zシリーズを手がけ、新型VAIO Zでは開発責任者を務めた、VAIO株式会社 商品ユニット2 笠井貴光部長に話を聞いた。

ht_vp01.jpg タブレットとしても利用できるマルチフリップ機構を取り入れた新型VAIO Zだが、クラムシェルとして最強のPCを目指したという

InstantGoによる約0.3秒の高速復帰、コールドスタートも約6秒で済む

 笠井氏が絶対の自信を持っておすすめする新型VAIO Zだが、実際のところはどうなのか。新型VAIO Zの起動から終了、スリープからの復帰を動画で見ていこう。

 詳細はベンチマークテストを行った記事(関連記事:性能、スタミナ、騒音、発熱をじっくりテスト:復活した“モンスターPC”の驚くべき性能とは?)に譲るが、電源オフからの起動も約6秒でデスクトップ画面が表示されるほか、終了も非常に高速だ。スリープからの復帰も約0.3秒と爆速と言えるもので、もはやスマートフォンやタブレットデバイスと同じ感覚でPCを扱えるのが分かる。

 何より、現行のCoreプロセッサ搭載PCでは数少ない「InstantGo」をサポートすることで、スタンバイ状態でもネットワーク接続を維持してメールの受信などが行え、瞬時に復帰して最新のデータにアクセスできる。

 さまざまな特徴を備えた新型VAIO Zだが、この点だけをとっても他のPCには見られない、独自の魅力を持ったモデルと言えるだろう。

ht_vp02.jpg InstantGoのサポートは、ソニー時代の13.3型2in1モバイルPC「VAIO Duo 13」を継承するもので、Coreプロセッサ搭載PCでは対応モデルが非常に限られている

関連キーワード

VAIO Z | ソニー | モバイルPC | ハイエンド | 2in1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.