ニュース
» 2015年04月09日 15時01分 UPDATE

EIZO、4Kディスプレイ2機種に映像制作向けの「Rec.709 色域外警告」を搭載

EIZOは、4K液晶ディスプレイの2機種に新機能「Rec.709 色域外警告」を搭載していると発表。色域外の色はクリッピング/グレイ表示が可能だ。

[ITmedia]

 EIZOは4月9日、4K液晶ディスプレイ2機種に映像制作向けの新機能「Rec.709 色域外警告」を搭載していることを発表した。対応機種は「ColorEdge CG318-4K」「同 CG248-4K」の2機種だ。

photophoto CG318-4Kとの色再現比較(左)、色域外警告機能の利用イメージ(右)

 この機能は、2018年に本放送開始予定の8Kスーパーハイビジョン放送で用いられる「Rec.2020」色域の対応機器で撮影した映像の中で、現行のフルハイビジョン放送の色域基準となる「Rec.709」で表示できない色域外の色をクリッピング表示(色域内に収まるよう変換して表示)、またはグレイ表示にできるというものだ。

 IMAGICAが開発した3D-LUTデータを組み込むことで実現しており、機能のオン/オフはディスプレイ前面のスイッチで簡単に切り替えられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.