ニュース
» 2015年04月14日 12時23分 UPDATE

VAIO、アナログRGBを追加したビジネスで使える「VAIO Fit 15E | mk2」発表

TPMを実装してセキュリティ機能も強化。実売予想価格は個人向け標準仕様の下位構成で8万6480円の見込み。

[ITmedia]

ビジネスでもブラック、ホワイト、ピンクの3色展開で

 VAIOは、4月14日にノートPC「VAIO Fit 15E | mk2」を発表した。先行予約は4月14日から。出荷開始は4月23日の予定。ただし、Blu-rayドライブ構成を選択する場合は、先行予約は4月下旬からで出荷は5月、ボディカラーでピンクを選択する場合は先行予約は5月下旬から開始して出荷は6月からの予定だ。税別の実売予想価格は個人向け標準仕様の下位構成で8万6480円、上位構成で14万4800円の見込み。

kn_fit15mk2_01.jpg ビジネス向け機能を強化した「VAIO Fit 15E | mk2」

kn_fit15mk2_02.jpgkn_fit15mk2_03.jpg 本体のカラーバリエーションはブラックのほかにホワイトとピンクを用意する

 VAIO Fitシリーズは、“新生”VAIOが取り扱う最初のモデルとして2013年5月に登場したラインアップだ。今回発表した「VAIO Fit 15E | mk2」は、従来からあった15.5型ディスプレイ搭載シリーズの「VAIO Fit 15E」にビジネス利用を想定した機能を追加した。具体的には、本体搭載の映像出力インタフェースでアナログRGBを加えたほか、TPMを実装してセキュリティ機能を強化した

kn_fit15mk2_06.jpgkn_fit15mk2_07.jpg ビジネス利用を重視した“mk2”では、映像出力インタフェースにアナログRGBを追加した。本体内蔵ドライブではBlu-ray Discドライブも選べる

kn_fit15mk2_04.jpgkn_fit15mk2_05.jpg 左側面に右側面

 個人向け標準仕様のシステム構成は、上位構成でCPUがCore i7-4510U(2GHz/最大3.1GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ4Mバイト)、システムメモリがDDR3L-1600 8Gバイト(4Gバイト×2基)、解像度が1920×1080ピクセル、データストレージが容量1TバイトのHDD、本体にBDXL対応Blu-ray Discドライブを内蔵する。本体搭載のインタフェースはUSB 3.0と2基のUSB 2.0、SDメモリーカードスロット、ギガビットLANなど備える。無線接続ではIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0+HSが利用できる。OSは64ビット版 Windows 8.1 Updateを導入する。

 下位構成では、CPUがCeleron 2957U(1.4GHz、2コア2スレッド、3次キャッシュメモリ2Mバイト)、システムメモリがDDR3L-1600 4Gバイト、本体搭載ドライブがDVDスーパーマルチ、解像度が1366×768ピクセルとなるほかは共通する。

 本体サイズは約380.3(幅)×260.8(奥行き)×25.1(高さ)ミリで、重さは約2.5キロ。この状態でバッテリー駆動時間は上位構成で約6時間(JEITA 2.0測定)、下位構成で約8時間(JEITA 2.0測定)になる。

 VAIO OWNER MADEのカスタマイズ仕様では、OSで64ビット版 Windows 8.1 Pro Update、64ビット版 Windows 7 Professional with Service Pack 1を選択できる(64ビット版 Windows 8.1 Proからダウングレード)ほか、CPUでは、Core i5-4210(1.7GHz/最大2.7GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト)、Core i3-4030U(1.9GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト)の構成を用意する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.