ニュース
» 2015年04月17日 11時34分 UPDATE

ASUS、X99マザー2製品にUSB 3.1カード付属モデルを追加

ASUSTeKは、USB 3.1拡張カードを標準で付属したX99チップセット採用E-ATX/ATXマザーボード計2製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ASUSTeKは4月17日、USB 3.1拡張カードを標準で付属したX99チップセット採用マザーボード「RAMPAGE V EXTREME/U3.1」「X99-DELUXE/U3.1」を発表、4月18日に販売を開始する。ともに価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ7万2000円前後/6万1500円前後だ(税込み)。

photophotophoto RAMPAGE V EXTREME/U3.1(左)、X99-DELUXE/U3.1(中)、2製品に付属するUSB 3.1増設カード(右)

 ともに同社製のE-ATX/ATX対応マザーボード「RAMPAGE V EXTREME」「X99-DELUXE」に、USB 3.1ポート2基(Type-A×2)を増設可能なPCI Express接続対応の拡張カードを付属したモデルだ。また、UASP非対応のデバイスを利用する際に独自の最適化を行うことでUSB 3.1の転送速度を高速化できる「USB 3.1 Boost」機能も利用可能となっている。

 マザーボード側の仕様はいずれも従来モデルのRAMPAGE V EXTREME/X99-DELUXEと同様で、拡張スロット構成はRAMPAGE V EXTREMEがPCI Express3.0 x16×4、同 2.0 x16×1、同 x1×1。X99-DELUXEがPCI Express3.0 x16×5、同 x4×1となっている。

関連キーワード

マザーボード | ASUS | USB 3.1 | Intel X99 Express


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう