ニュース
» 2015年04月24日 11時10分 UPDATE

フォースメディア、QNAP製ハイエンド10ベイNAS「TVS-EC1080」など5製品の取り扱いを開始

フォースメディアは、QNAP製ビジネスNAS「TurboNAS」の取り扱いラインアップを一新、2モデル計5製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 フォースメディアは4月24日、QNAP製ビジネスNAS「TurboNAS」の取り扱いラインアップを一新、「TVS-EC1080」「TVS-EC880」「TVS-863」「TVS-663」「TVS-463」の計5製品の出荷を5月上旬に開始する。

photophoto
photophotophoto TVS-EC1080(左上)、TVS-EC880(右上)、TVS-863(左下)、TVS-663(下)、TVS-463(右下)

 上位モデルのTVS-ECx80シリーズは、CPUとしてCore i3-4150を搭載したハイエンドモデルで、ギガビットLAN×4ポートを標準で搭載するほか、オプションにより10GbEポート(×2)の増設にも対応する。またmSATAスロットを内蔵しており、mSATA SSDを用いたキャッシュでリード性能を向上させることも可能だ。搭載ベイ数はTVS-EC1080が10基、TVS-EC880が8基。RAID拡張エンクロージャの接続もサポートしており、TVS-EC1080では最大400Tバイトまで拡張を行うことができる。

 ミドルレンジ製品となるTVS-x63シリーズは、TurboNASシリーズ初となるAMDプロセッサ採用モデルで、TVS-ECx80シリーズ同様にギガビットLAN×4ポートを備えるほか10GbEポートの増設にも対応。またSATA SSDを用いたSSDキャッシュ機能も利用できる。搭載ベイ数はTVS-463が4基、TVS-663が6基、TVS-863が8基だ。

 販売ラインアップはNAS単体モデル各製品のほか、HDDを標準搭載した「HDD搭載モデル」も各機種毎に用意される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.