ニュース
» 2015年05月01日 12時34分 UPDATE

サードウェーブデジノス、Quadro M6000搭載のクリエイター向けハイスペックPC「Raytrek HE-X M6」

サードウェーブデジノスは、同社製のクリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップにQuadro M6000搭載のハイスペックモデルを追加した。

[ITmedia]
photo Raytrek HE-X M6

 サードウェーブデジノスは5月1日、同社製のクリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップにQuadro M6000搭載のハイスペックモデル「Raytrek HE-X M6」を追加、本日よりドスパラ各店/Web通販で販売を開始した。標準構成価格は113万9980円(税別)。

 ミドルタワー型筐体を採用するクリエイター向けハイエンドデスクトップPCで、CPUとしてXeon E5-2697W v3(3.1GHz/最大3.5GHz)を、グラフィックスカードとしてQuadro M6000/12Gバイトを標準で搭載した。

 メモリはDDR4 32Gバイト、ストレージは256GバイトSSD+3TバイトHDDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 8.1を導入している(Windows 7モデルも用意)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.