ニュース
» 2015年05月13日 11時37分 UPDATE

レノボ、Xeon E7-8800/4800 v3搭載サーバ「System X6」シリーズ発表

海外で高い評価を得ているThinkServer RD350とThinkServer RD450も日本市場に投入する。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは、5月13日にハイエンドサーバ「System x3950 X6」「System x3850 X6」「Flex Ststem x280 X6 コンピュート・ノード」「Flex Ststem x480 X6 コンピュート・ノード」「Flex Ststem x880 X6 コンピュート・ノード」を発表した。また、普及価格帯のThinkServerラインアップで「ThinkServer RD350」「ThinkServer RD450」を日本市場で取り扱いを開始する。

 Lenovo System x3950 X6とLenovo System x3850 X6 は、基幹データベースやリアルタイム処理を想定した第6世代エンタープライズX-アーキテクチャ(X6)対応サーバだ。CPUにXeon E7-8800/4800 v3ファミリーを採用することで、従来のX6対応サーバと比べて最大56%の処理能力向上が期待できる。Xeon E7-8800/4800 v3ファミリーは、Flex Ststem x280 X6 コンピュート・ノード、Flex Ststem x480 X6 コンピュート・ノード、Flex Ststem x880 X6 コンピュート・ノードでも採用している。

 ThinkServer RD350とThinkServer RD450は、1Uサイズ(RD350)、または、2Uサイズ(RD450)のラック型サーバーで、すでに海外では高い評価を得ているモデルだ。ThinkServer System Managerにより、WebブラウザやPowerShellを利用したハードウエア障害の監視や通知、電源制御などの運用管理が可能になる。

kn_tksvr_01.jpg ThinkServer RD450

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.