ニュース
» 2015年05月29日 23時08分 UPDATE

おお! そういえば赤ヘルになって40周年:ユニットコム、「広島東洋カープ」承認ノートPCとタブレットを発表

広島出身カープファンスタッフが運営する通販Webページがブチ熱い。

[ITmedia]

 ユニットコムは、5月29日に「広島東洋カープ」球団公認デザインのノートPCとタブレットを発表した。受注開始は6月1日からで、出荷予定は7月中旬以降。専用の通販Webページのほか、全国のBUYMORE、パソコン工房、TWOTOP、Goodwillの店舗で販売する。

kn_carp_01.jpg 「広島東洋カープ」球団公認デザインのノートPCとタブレットが登場。今年は初優勝から40周年

 通販ページは、広島県出身のカープファンが運営しており、全編広島弁で構成する。天板デザインは、赤色を基調にカープロゴとマスコットキャラクター「カープ坊や」を配したデザインになっている。また、15種類のオリジナルカープデザイン限定壁紙も収録する。梱包箱もカープオリジナルデザインを施している。

 ノートPCはエントリーモデルとハイスペックモデルを用意する。税別の価格はエントリーモデルが9万2500円、ハイスペックモデルが12万5000円。ともに15.6型ディスプレイを搭載して、解像度は1920×1080ピクセル。DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。OSは、64ビット版 Windows 8.1 Updateだ。エントリーモデルのCPUはPentium 3560Mでストレージは500GバイトのHDDを、ハイスペックモデルはCPUがCore i7-4710MQでストレージは1TバイトのHDDをそれぞれ搭載する。

 タブレットは、税別価格が4万5980円。8型ディスプレイを搭載し解像度は1280×800ピクセル。プロセッサはAtom Z3735Fでシステムメモリは2Gバイト。ストレージは32GバイトのeMMCを内蔵する。インタフェースはMini HDMIとMicroUSB 2.0、microSDスロットを搭載する。無線接続はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.