Special
» 2015年06月01日 10時00分 UPDATE

これから買うならUltimateかPremiumを選ぶべし!:Visual Studio 2015発売前の今だからおすすめする「MSDN最新購入ガイド」

Build 2015で発表があったように、Visual Studio Codeのプレビュー版提供など、オープンソース化がさらに進むMicrosoft。開発者にとっては必要なツールとサービスの提供が進み、ますます今後への期待も高まっている。

[PR/ITmedia]
PR
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨今のエンジニアは、開発プロセスのすべてに責任を持つことが求められているが、実際の開発現場では経験もスキルもまちまちなのが通常である。MSDN(Microsoft Developer Network)はより一層、ビジネスの変化・スピードに対応した開発体制の構築に不可欠となってきた。

 これから発売が予定されている「Visual Studio 2015」では、エディションの統廃合があり、PremiumとUltimateが統合され、新たにEnterpriseというエディションが登場する。PremiumもしくはUltimateのユーザーは、Visual Studio 2015のリリース時に、自動的にEnterpriseへのアップグレードが無償提供されるので、これから買うならUltimateかPremiumを選ぶべきだ。

tm_1505_msdn_01.jpg 開発者が本当に困っている部分に効く機能は、Premium/Ultimateにより多く追加されている

新規でMSDNを購入する場合

 MSDNの契約形態にはいろいろあって迷ってしまうが、Premium/Ultimateは決して安価な製品ではないため、購入方法をよく確認したい。

 MSDNの購入方法は大きく分けて、パッケージ版とライセンス版の2タイプがある。主な違いはMSDNサブスクリプション期間の契約年数だが、パッケージ版は2015年中に販売終了が予定されていることもあり、これからはライセンス版購入の一択としてよいだろう。

Professionalユーザー必見! 現在契約中のMSDNを上位エディションに変更したい

 Visual Studio 2015に向けて、今一番声が上がっているのが、Professionalユーザーが、上位エディションに変更したいという要望である。

 この場合、更新タイミングか、契約途中でのエディション変更かで注文方法が異なる。

(1)更新タイミングでエディションを変更したい場合

 例えば、Open BusinessでProfessionalを保有している場合、Open ValueプログラムでProfessionalの更新手続きをしつつ、Premiumへのステップアップライセンスを同時注文し、エディション変更とする。

(2)契約途中でエディションを変更したい場合

 Open ValueでProfessionalを保有している場合、ステップアップライセンスを購入することで、エディションの変更が可能となる。ただし、現在の契約の残余期間とエディション変更の注文タイミングにより、発注型番が異なる。

 販売店に、契約番号と満了日を連絡して相談したい。もし、パッケージ版やOpen BusinessでProfessionalを保有している場合、残念ながら契約途中でのエディション変更ルールがないため、新規でもう1契約購入することとなる。

 詳しくはこちら↓

tm_1505_msdn_a.jpg

契約期限が切れてしまったがMSDNを使いたい

 契約形態により、満了日を過ぎても更新手続きが可能だ。新規価格と更新価格は大きく異なるので、手続き可能な期間内に更新価格で手続きを完了させたい。なお、契約満了日を過ぎると、MSDN会員ページにログインできなくなる。

no_1507_msdn_b.jpg このスケジュールに合わない場合には新規購入となる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:BBソフトサービス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2015年6月14日