ニュース
» 2015年06月25日 13時56分 UPDATE

キヤノン、“ズーム全域”5000ルーメンの高輝度表示を実現したLCOS液晶プロジェクター「WUX500」

キヤノンは、光学1.8倍のズーム全域での5000ルーメン表示を可能としたLCOS液晶プロジェクター「WUX500」を発表した。

[ITmedia]
photo WUX500

 キヤノンは6月25日、LCOS液晶プロジェクター「WUX500」を発表、7月中旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は62万円前後だ(税別)。

 アスペクト比16:10となる1920×1200ピクセル表示に対応したLCOS液晶プロジェクターで、独自の光学システム「AISYS(エイシス)5.0」により光学1.8倍のズーム全域において500ルーメンの高輝度投写を実現しているのが特徴だ。また、ピントが合う範囲が広い被写界深度の深いレンズを採用しており、プロジェクションマッピングなどの用途にも活用可能。本機を複数台用いて、違和感なく映像をつなぎ合わせて投写できる「エッジブレンディング」機能なども備えている。

 Wi-Fi接続によるPCからのワイヤレス投写に対応するほか、LANケーブルを用いて有線で遠距離伝送を行う「HDBaseT」にも対応した。ほかDVI/HDMI/アナログD-Sub入力なども装備。またUSBメモリを用いたPCレス投写機能もサポートしている。

 本体サイズは約337(幅)×370(奥行)×136(高さ)ミリ、重量は約5.9キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.