ニュース
» 2015年07月08日 11時00分 UPDATE

2015年PC夏モデル:日本HP、USB Type-C搭載「HP Pavilion x2 10」と3枚ギア採用「HP Pavilion 11 x360」──2in1 PC 2モデル投入

Pavilion x2 10は、本体とキーボードユニットで構成する着脱式。Pavilion 11 x360はディスプレイが360度開いて変形。どちらも“4モード”の使い分けが可能だ。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は、7月8日に2in1 PCの新モデルとして「HP ENVY 17-n000」「HP Pavilion x2 10-n000」「HP Pavilion 11-k000 x360」「HP 15-ac000」を発表した。それぞれの出荷開始予定と税別の実売予想価格は以下の通りだ。

モデル名 出荷開始予定 実売価格(税別)
HP Pavilion x2 10-n000 8月下旬 6万5000円前後(量販店モデル)、4万9800円(HP Directplusモデル)
HP Pavilion 11-k000 x360 7月17日 7万円前後

HP Pavilion 11 k000 x360

 HP Pavilion 11 k000 x360(以下、Pavilion 11 x360)は、ディスプレイが360度開いてクラムシェルスタイルのノートPCからスレートタイプのタブレットまで形態を変えて使い分けができる2in1 PCだ。ディスプレイを開く角度によって、クラムシェルのノートブックモードからスタンドモード、テントモード、タブレットモードに変形する。本体のカラーバリエーションは、サンセットレッドとミンティグリーンを用意する。

kn_hp2in1_06.jpg HP Pavilion 11 k000 x360

kn_hp2in1_07.jpgkn_hp2in1_08.jpg カラーバリエーションはサンセットレッド(写真=左)とミンティグリーン(写真=右)を用意する

 ユニボディのフレームを採用し、構成パーツを減らしてつなぎ目を少なくすることで強度を確保したほか、パームレストにはHP Imprintを施して傷をつきにくくした。また、変形などでディスプレイの開閉が多くなることで負荷のかかるヒンジでは、3枚のギアがかみ合う新しいヒンジを開発して組み込んでいる。サウンド関連では、Bang&Olufsenが監修したスピーカーを底面左右の位置に内蔵して、テントモードやスタンドモードでも利用できるようにした。

 本体サイズは306(幅)×208(奥行き)×21.5〜23(高さ)ミリで、重さは約1.46キロ。この状態でバッテリー駆動時間は約6時間15分になる。ディスプレイサイズは11.6型で解像度は1366×768ピクセルだ。

 システム構成は、CPUがCeleron N3050(1.6GHz/最大2.16GHz、2コア2スレッド、2次キャッシュメモリ2Mバイト)で、システムメモリはDDR3L 1600MHzを4Gバイト載せる。ストレージは8Gバイトのキャッシュを組み込んだ500GバイトHDDを搭載した。本体搭載インタフェースは、2基のUSB 3.0にUSB 2.0、有線LAN、SDメモリーカードスロット、HDMI出力を備えるほか、無線接続ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。OSは64ビット版 Windows 8.1 Updateを導入する。

HP Pavilion x2 10-n000

 HP Pavilion x2 10-n000(以下、Pavilion x2 10)は、10.1型ディスプレイ(解像度は1280×800ピクセル)を搭載した本体とキーボードユニットで構成する2in1 PCだ。本体とキーボードユニットの開く角度によって、クラムシェルのノートPCモード、メディアプレイヤーのスタンドモード、省スペースで使えるテントモード、スレートスタイルのタブレットモードを使い分けることができる。本体のカラーバリエーションとしてサンセットレッドとブリザードホワイトを用意する。(記事掲載当初、解像度に間違いがありました。おわびして訂正いたします)

kn_hp2in1_01.jpgkn_hp2in1_02.jpg HP Pavilion x2 10-n000はカラーバリエーションとしてサンセットレッド(写真=左)とブリザードホワイト(写真=右)を用意する

kn_hp2in1_03.jpg クラムシェルスタイルのノートPCモードとディスプレイを反対に取り付けるスタンドモード

kn_hp2in1_04.jpgkn_hp2in1_05.jpg さらに、テントモード(写真=左)とタブレットモード(写真=右)にも変形可能だ

 本体とキーボードユニットの接続はマグネットヒンジと2カ所のドッキングポートによってワンステップで着脱が可能だ。Buetoothではなくドッキングポートの有線接続になので、キーボードの動作が安定する。

 キーボードのストロークは1.5ミリを確保している。ノートPCモードで装着するとキーボードが傾斜してタイプがしやすくなる。サウンド関連では、Bang&Olufsenが監修したB&O Playスピーカーを本体短辺方向左右正面に内蔵する。

 システム構成はCPUがAtom Z3736F(1.33GHz/最大2.16GHz、4コア4スレッド、2次キャッシュメモリ2Mバイト)で、システムメモリはDDR3L 1333MHzが2Gバイト、ストレージは64GバイトのeMMCを内蔵する。本体搭載インタフェースにはUSB 2.0 Type-A、USB 2.0 Type-C、ヘッドセット端子、Micro SDスロット、Micro HDMI出力を備えるほか、無線接続でIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。

 本体サイズは本体が265(幅)×183(奥行き)×10(高さ)ミリで重さは約600グラム。キーボードユニットを接続した状態で265(幅)×183(奥行き)×16.7〜20(高さ)ミリで重さは約1.19キロになる。この状態でバッテリー駆動時間は10時間45分だ。

 OSは、32ビット版 Windows 8.1 Updateを導入する。OfficeアプリケーションではMicrosoft Office Home and Business 2013が標準で付属する。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.