ニュース
» 2015年07月10日 12時48分 UPDATE

Thermaltake、BMWデザインを採用した有線/無線両対応のゲーミングマウス「LEVEL 10 M Hybrid Mouse」

アスクは、台湾Thermaltake製となるゲーミングマウス「LEVEL 10 M Hybrid Mouse」を発表。利用シーンに応じ有線/無線接続を選択できるハイブリッド仕様となっている。

[ITmedia]

 アスクは7月10日、台湾Thermaltake製となるゲーミングマウス「LEVEL 10 M Hybrid Mouse」の取り扱いを発表、本日より販売を開始する。予想実売価格は1万2980円前後(税込み)。

photophoto LEVEL 10 M Hybrid Mouse

 解像度8200dpiのレーザーセンサーを採用するゲーミングマウスで、接続インタフェースはUSB有線接続のほか、付属USBレシーバーを用いた無線接続もサポートした。BMW DesignworksUSAによるデザイン筐体を採用しているのも特徴で、好みに応じてグリップ部の角度(左右±5度)/高さ(±5ミリ)の調整を行える可変設計となっている。

 ボタンは計9ボタンを搭載、128Kバイトのオンボードメモリにマクロを記録することが可能だ。ワイヤレス時の内蔵バッテリー駆動時間は約15時間となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.