ニュース
» 2015年07月16日 18時00分 UPDATE

非常時にもマジ使える:夏のキャンプで大活躍の予感――「火と水で発電できるUSB充電器」

上海問屋が、火と水を使って発電・給電するアウトドア向けUSB充電器を発売した。価格は1万1999円。

[ITmedia]

 ドスパラは、同社直販ショップ“上海問屋”で「火と水で発電できるUSB充電器」(DN-13064)を発売した。価格は1万1999円(税込、送料別)。

photo 「火と水で発電できるUSB充電器」
photo 利用イメージ

 本製品は、水と火を使って発電・給電をするUSB充電器だ。山や湖畔でのキャンプなど、電源を確保しにくいアウトドアシーンで、スマートフォンやタブレットの充電に役立つ。

 利用するには、折りたたまれた本体を組み立て、上部のシリコンカップに水を注ぎ、黒いブレード状の金属板を加熱する。加熱する金属板と水の入ったシリコンカップの温度差で発電する仕組みだという。

photo 上部のシリコンカップに水を入れる

 ドスパラは、熱源にはキャンプバーナーなど、地面に固定して火を起こせるものを使うことを推奨している。なお、発電中はシリコンカップ内の水が蒸発するので、水量が半分以下にならないように水を補給する必要がある。

 なお、USBポートにはLEDライトを搭載。点滅時は準備中、点灯時は充電可能状態を示す。

 本体サイズは57(幅)×25(奥行き)×197(高さ)ミリ(折り畳み時)、重量は約250グラム。冷却水容量は150ミリリットル、出力は5ボルト/0.5アンペアとなる。

top_features2_icon_5_1344562997.jpg

→PC USER特設ページ「ニーハオ!!上海問屋」
小粋で便利な周辺機器やAV製品から、おもしろUSBメモリまで、多彩な製品がここに集結!! “上海パンダ”がお出迎え


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.