ニュース
» 2015年08月05日 12時11分 UPDATE

アイ・オー、Core i3搭載で処理能力を高めたWSS 2012 R2 Standard搭載の2ドライブNAS

アイ・オー・データ機器は、OSとしてWindows Storage Server 2012 R2 Standard Editionを採用した企業向け2ドライブNAS「HDL-Z2WLI2」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo HDL-Z2WLI2シリーズ

 アイ・オー・データ機器は8月5日、企業向け2ドライブNAS「HDL-Z2WLI2」シリーズを発表、9月上旬に出荷を開始する。

 OSとしてWindows Storage Server 2012 R2の上位エディションとなる「Standard Edition」を採用したNASで、データ重複除去機能や接続ユーザー数の制限なしでの利用が可能。大企業での部門用途や、中小企業での利用に適したモデルだ。

 プロセッサはCore i3を搭載、メモリも8Gバイトを内蔵し処理能力を高めているのも特徴で、100台のPCからの同時接続にも対応可能となっている。内蔵ドライブはNAS用HDD「WD Red」を採用した。

 価格は2Tバイトモデルが33万5500円、4Tバイトモデルが34万6700円、6Tバイトモデルが35万7800円、8Gバイトモデルが38万200円、12Tバイトモデルが44万5100円だ(税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.