ニュース
» 2015年08月06日 15時25分 UPDATE

東芝、法人向けのWindows 10 Pro搭載タブレット/ノートPC計8機種を発表

東芝は、法人向けのタブレット/ノートPCのラインアップを改定。いずれもWindows 10 Proを導入、10.1型WUXGA液晶搭載タブレット「dynabook Tab S60」も追加された。

[ITmedia]
photo dynabook Tab S60

 東芝は8月6日、法人向けのタブレット/ノートPCの新ラインアップを発表、計8機種の販売を8月21日より順次開始する。

 いずれもOSとしてWindows 10 Proを導入したモデルで、新たに1920×1200ピクセル表示対応10.1型ワイド液晶を搭載したタブレットPCモデルの「dynabook Tab S60」をラインアップに追加した。

 ほか、着脱キーボード搭載の12.5型モデル「dynabook R82」、および13.3型/14型ノートPC「dynabook R63」「dynabook R64」、15.6型ノートPC「dynabook Satellite B75」など計8機種をラインアップしている。

photophoto dynabook R82(左)、dynabook Satellite B75(右)


 このほか、Windows 10対応のHDD暗号化ソフト「Smart DE」や、既設PCのWindows 10 Pro導入支援サービス「Windows 10 リプレース支援サービス」の提供開始もあわせて発表された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.