ニュース
» 2015年08月07日 11時15分 UPDATE

日本でも対策を開始:NVIDIA、日本のユーザーにもSHILEDタブレットの回収交換Webページを用意

日本語表記になったので日本のユーザーも安心して登録可能に。

[ITmedia]

 NVIDIAは、米国で発表したSHILEDタブレットの自主回収と無償製品交換について、日本における具体的な対策を発表した。NVIDIAの説明によると、2014年10月から2015年7月までにNVIDIAから出荷した製品について、搭載するバッテリーが発熱する可能性がある。

 回収と交換の対象になるSHILEDタブレットは、型番が「P1761W」でシリアル番号が0410215901781から0425214604018の範囲になる。なお、日本以外で出荷した型番「P1761」と「P1761WX」も回収交換の対象になる。

kn_nvshldjp_02.jpg 1920×1200ピクセル表示に対応した8型IPS液晶タブレット「SHIELDタブレット」。CPUにTegra K1(クアッドコアARM Cortex A15+192“Kepler”コア)を採用する

kn_nvshldjp_03.jpg モデルナンバーとシリアルナンバーは本体左側面とパッケージに印刷してある

 回収と交換の対象になる製品のユーザーは、NVIDIAが対応のために用意した専用のWebページにアクセスして、そこに記載している指示と手順に従って回収と交換のための登録を行い、最新版ソフトウェアをSHILEDタブレットにダウンロードして実行するようにNVIDIAは呼びかけている。

 NVIDIAは、この手順に従って登録したユーザーに対して順次無償で交換製品を発送する。届いた交換製品を起動すると、リモート操作によって交換対象モデルは使用できなくなり、交換製品と一緒に届く返送用パッケージに入れてNVIDIAに返送するようになる。返送費用もNVIDIAが負担する。

kn_nvshldjp_01.jpg NVIDIAは用意したSHILDタブレット回収交換対応Webページ。日本語版も用意した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.