ニュース
» 2015年08月26日 13時18分 UPDATE

ヴイエムウェア、Windows 10の動作もサポートしたMac用仮想OSソフト「VMware Fusion 8/Pro」

ヴイエムウェアは、同社製のMac用仮想OSソフト最新版「VMware Fusion 8」「同 Pro」を発表した。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは8月26日、同社製のMac用仮想OSソフト最新版「VMware Fusion 8」「VMware Fusion Pro 8」を発表、本日より販売を開始する。価格はそれぞれ9990円/2万4690円(税込み)。

 今回のバージョンでは仮想マシンとしてWindows 10の動作に対応したほか、Mac OS X“EI Capitan”のパブリックベータ上での稼働にも対応。またDirectX 10/OpenGL 3.3をサポートしており、前バージョン比でグラフィックス描画が最大65%高速化している。

photo VMware Fusion Pro 8利用イメージ


 このほか、Windows/Linux環境向けの仮想OSソフト「VMware Workstation 12 Pro」「VMware Workstation 12 Player」もあわせて発表。こちらもWindows 10への対応とDirectX 10/OpenGL 3.3のサポートがうたわれたほか、4K/QHDなどの高解像度ディスプレイでの利用にも対応した。価格はMware Workstation 12 Proが3万890円から、VMware Workstation 12 Playerが1万6890円から(ともに税込み)。

関連キーワード

VMware | VMware Fusion | Mac | Windows | Windows 10 | DirectX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-