ニュース
» 2015年08月28日 14時00分 UPDATE

マスタードシード、Cyonic製のGOLD認証ATX電源「AUx」シリーズの取り扱いを開始

マスタードシードは、欧州Cyonic製となるATX電源ユニット「AUx」シリーズの取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo AUxシリーズ

 マスタードシードはこのほど、欧州Cyonic製となるATX電源ユニット「AUx」シリーズの取り扱いを発表、本日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は450ワットモデルの「AU-450X」が1万3800円前後、550ワットモデルの「AU-550X」が1万4800円前後、650ワットモデルの「AU-650X」が1万7800円前後だ(いずれも税別)。

 いずれも80OLUS GOLD認証モデルとなるATX電源ユニットで、奥行き140ミリのコンパクト筐体を採用。また全ケーブルの着脱に対応したフルモジュラー仕様となっている。

 +12ボルト出力は1レーン設計で、AU-450Xは37アンペア/AU-550Xは45アンペア/AU-650Xは54アンペアを利用可能。PCI Express用コネクタはAU-450X/AU-550Xが2基、AU-650Xが4基を備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.