ニュース
» 2015年08月28日 15時18分 UPDATE

MSI、Z170チップセット採用のフラッグシップゲーミングマザー「Z170A GAMING M9 ACK」など2製品

台湾MSIは、Intel Z170チップセットを採用したゲーミングATXマザーボード「Z170A GAMING M9 ACK」「Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 台湾MSIは8月28日、Intel Z170チップセットを採用したゲーミングATXマザーボード「Z170A GAMING M9 ACK」「Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION」の2製品を発表、8月29日に販売を開始する。予想実売価格はZ170A GAMING M9 ACKが5万3800円、Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITIONが4万1200円(ともに税別)。

photophoto Z170A GAMING M9 ACK(左)、Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION(右)

 2製品はともにIntel Z170チップセットを採用したLGA1151対応のATXマザーボードで、メモリスロットはDDR4スロット4本(最大64Gバイト)を装備。メモリ回路の安定性を向上させる「DDR4 Boost」などを搭載。同社品質基準の“ミリタリークラス 5”にも準拠している。

 Z170A GAMING M9 ACKは、“Enthusiast GAMING”シリーズのフラッグシップとなるモデルで、LANコントローラとして有線用のKiller E2400 と11ac無線LAN/Bluetooth 4.1搭載のKiller Wireless AC 1535無線LANモジュールを装備。またサウンド機能として384kHz/32ビットHDオーディオをサポートする“Xtreme Audio DAC ”を搭載した。PCI Express x16スロットは3基を装備し2Way SLI/3Way CrossFireをサポートしている。

 Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITIONは、極冷オーバークロックなども想定したモデルで、8層基板を採用したほかCPU電源/PCHなどにもヒートスプレッダを搭載し安定性を高めているのが特徴。またオーバークロック設定を独立したパネルで操作可能な「OCダッシュボード」も付属している。PCI Express x16スロットは4基で、2Way SLI/4Way CrossFireを利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.