連載
» 2015年08月30日 06時00分 UPDATE

Windows 10のツボ(19):Windows 10のスタートメニューは黒い……わけではない

Windows 10のスタートメニューやタスクバー、アクションセンターは、黒を基調とした色に設定されているが、ユーザーの好みに色を変更することができる。

[山口恵祐,ITmedia]

自分好みの配色に変更しよう

 Window 8.1から「Windows 10」にアップグレードすると、デスクトップの変化で最初に目につくのが黒いタスクバーだ。スタートメニューやアクションセンターも黒色で構成されており、Windows 10のデフォルト壁紙と合わさってクールな印象を受ける。

パーソナル設定 Windows 10インストール直後の初期配色

 この配色はユーザーの好みで変更可能だ。設定方法はスタートメニューから「設定」→「パーソナル設定」を開くか、デスクトップ上で右クリック→「個人設定」を開く。パーソナル設定の項目にある「色」で、プレビューを見ながらあらかじめ用意された中からアクセントカラーを選ぶことができる。

パーソナル設定 パーソナル設定の中にある色で、アクセントカラーの変更が可能だ

 これはスタートメニューに表示されるタイルやウィンドウの枠線など、いたるところで使われるアクセントカラーだが、同じ項目内にある「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」をオンにすることで、これら全体の色も変更することが可能だ。

パーソナル設定パーソナル設定
パーソナル設定パーソナル設定 アクセントカラーを全体にも適用することで、だいぶ印象が変わる

 他にも、設定した壁紙に合わせて自動でアクセントカラーを変更する機能や、初期設定ではオンになっているスタートメニューなどの透明化をオフにする設定も備える。好みに合わせて変更してみよう。

パーソナル設定 壁紙に合わせてアクセントカラーが自動で緑色に。壁紙の中にある緑色のテントを参考に設定したようだ
「Windows 10のツボ」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.