ニュース
» 2015年09月01日 13時11分 UPDATE

テックウインド、処理能力を向上させたQNAP製多機能NAS「TS-231+/431+」の取り扱いを開始

テックウインドは、QNAP製NAS「TurboNAS」シリーズの取り扱いラインアップに「TS-231+」「TS-431+」の2モデルを追加。ともに搭載CPUを高速化したモデルだ。

[ITmedia]

 テックウインドは9月1日、QNAP製NAS「TurboNAS」シリーズの取り扱いラインアップに「TS-231+」「TS-431+」の2モデルを追加、9月上旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はTS-231+が3万9800円、TS-431+が6万9800円となっている(ともに税込み)。

photophoto TS-231+(左)、TS-431+(右)

 2製品はそれぞれ同社製の2ベイNAS「TS-231」「TS-431」をベースとしたスペック強化製品で、プロセッサとしてARM Cortex-A15(デュアルコア、1.4GHz)を搭載し処理速度を高速化。最大200Mバイト/秒のリード性能を実現したほか、多重アクセスの場合にも性能低下を抑えることが可能となっている。

 ハードウェアベースでの暗号化機能も標準で搭載。ボリューム暗号化を利用した場合でも、100Mバイト/秒以上の転送が可能だ。またDTCP-IPにも対応しており、ホームサーバとしての運用も行える。

 インタフェースはギガビットLAN×2およびUSB 3.0×3を搭載。ギガビットLANを2ポート併用してのフェイルオーバー/高速化もサポートした。

関連キーワード

NAS | テックウインド | QNAP | TurboNAS | DTCP-IP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.