ニュース
» 2015年09月08日 21時30分 UPDATE

勝つためのディスプレイ:ベンキュー、世界初の35型144Hz駆動湾曲ゲーミングディスプレイ「XR3501」

ベンキュージャパンは、リフレッシュレート144Hzで35型の湾曲ゲーミングディスプレイを発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

ゲーミングに最適化された湾曲ディスプレイ

 ベンキュージャパンは9月8日、世界初となる35型でリフレッシュレート144Hz駆動のゲーミング向け2000R湾曲ディスプレイ「XR3501」を10月20日に発売する(2015年9月時点で世界初)。価格はオープン、予想実売価格は12万9800円(税込)。

XR3501 「XR3501」

 アスペクト比21:9、2560×1080ピクセル表示に対応する35型の湾曲ワイドディスプレイで、深みのある黒の描写に強いAMVA+パネルを採用、リフレッシュレート144Hz対応で残像感の少ない滑らかな表示が可能という。目の負担を軽減する「フリッカーフリー技術」や「ブルーライト軽減機能」、暗いシーンの視認性を高める「Black eQualzer」、色の鮮明さを調節する「Color Vibrance」、PCゲームの「Need for Speed」や「Battlefield」などに最適化した「ゲームモード」といった機能を備える。

 表示スペックは応答速度4ms、輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比2000:1(最大2000万:1)、視野角は上下/左右で各178度となる。

 映像入力はDisplayPort×1、mini DisplayPort×1、HDMI×1の3系統を装備。ヘッドフォン出力/ライン入力/ライン出力なども備えている。チルト角度は−5〜15度まで。

 本体サイズは982(幅)×308(奥行き)×600(高さ)ミリ、重量は約11キロだ。

湾曲ディスプレイの優位性

 同社によれば、ゲーミング向けのディスプレイとして2000R(半径2000ミリの曲線。数字が低いほど湾曲する)を誇るXR3501は、より多くの情報が同じ視野角の中に収まり、優れたコントラスト性能が発揮される。従来のフラットディスプレイでは、画面の左右部分で映像を見る距離や視野角が変わるため、最適な環境ではないという。

XR3501 2000Rの湾曲は側面から見ると、かなりインパクトがある

 ベンキュージャパン プロダクト&マーケティング部 シニアマネージャの洞口寛氏は発表会で、「他社のカービングディスプレイは3000Rを超える(比較的湾曲が少ない)ものが多く、弊社の湾曲ディスプレイが最もよいコントラストを提供できる」と自信を見せた。

XR3501XR3501 フラットなディスプレイでは、左右部分に距離差が生まれてしまう(写真=左)。ユーザーとディスプレイとの距離は通常70〜120センチほどで、2000Rの湾曲が最適な視野角になるという(写真=右)

 ベンキュージャパン 代表執行役社長のマーティン・モーレ氏は「BenQはゲーミングディスプレイに注力している。XR3501は144Hz駆動というリフレッシュレートと4msという応答速度によって、PCゲーマーのニーズに最も近い製品だ。今後もユーザーエクスペリエンスが深まるような製品を生み出していきたい」とコメントしている。

 発表会では、プロゲーミングチーム「DetonatioN」に所属するAstarore選手とDustelBox選手によるデモプレイも行われた。

XR3501XR3501 「THE CREW」(写真=左)。「Battlefield 4」(写真=右)
XR3501XR3501 「League of Legend」(写真=左)。通常のPC利用でも左右の視認性が高いと感じた(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.