ニュース
» 2015年09月15日 11時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット秋冬モデル:“Skylake”世代のCPUを採用、新開発YAMAHAサブウーファも搭載した大画面ノート──「LAVIE Note Standard」 (1/2)

NECの主力機種である15.6型ノートPC「LAVIE Note Standard」は、ヤマハ監修の音響機能をさらに強化。インテル最新のプラットフォームも採用した。

[ITmedia]

 NECパーソナルコンピューターは、9月15日に15.6型ディスプレイ搭載のノートPC「LAVIE Note Standard」シリーズでAV利用を重視した上位構成モデル「NS850」「NS750」と汎用利用を想定したモデル「NS700」「NS550」「NS350」、価格競争力を重視した「NS150」「NS100」で新モデルを発表した。すべてのモデルでOSに64ビット版 Windows 10 Homeを導入する。オフィススイートはOffice Home and Business(最下位のNS100/B1のみPersonal) Premium プラス Office 365(1年間)が付属する。出荷開始は9月下旬の予定で、税別の実売予想価格は以下の通りになる。

型番 実売予想価格
NS850 23万9800円前後
NS750 21万4800円前後
NS700 19万4800円前後
NS550 17万9800円前後
NS350 15万9800円前後
NS150 13万4800円前後
NS100/C2W 11万4800円前後
NS100/C1W 11万1800円前後

“Skylake”採用のプレミアムAVノート「NS850」「NS750」

 NS850とNS750のシステム構成は、CPUにインテルの“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーのCore i7-6500U(2.5GHz/最大3.1GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ 4Mバイト)を搭載し、システムメモリはDDR3L 1600MHzを8Gバイト(NS850は4Gバイト×2枚、NS750は8Gバイト×1枚)、ストレージは1TバイトのSSHDを採用する。本体にはBDXL対応のBlu-ray Discドライブも内蔵する。

kn_necfwns_01.jpg 「NS850」

kn_necfwns_02.jpg NS750ではカラーバリエーションにクリスタルブラック、クリスタルレッド、クリスタルホワイト、クリスタルゴールドを用意する

 ディスプレイの液晶駆動方式はIPSを採用する。NS850は解像度が3940×2160ピクセルの“4K”でアイドル時の消費電量を抑制するIGZO技術を導入する。ともにタッチパネルを内蔵してNS850はディスプレイパネル表面に防指紋コーティングを施す。

 サウンド関連機能では、ヤマハが監修したサウンドシステムを採用した。本体内部にボックス容量を確保したサテライトスピーカー(出力2ワット+2ワット)とスリムでフットプリントを72×72ミリに抑えたサブウーファシステム(出力4ワット)を内蔵する。

 ともに、本体サイズは382(幅)×270(奥行き)×26.2(高さ)で、重さは約2.7キロだ。高さ26.2ミリ(ディスプレイ側7.8ミリ、本体側17.7ミリ)は、従来のNS850/NS750から11%も減らしている。キーボードでは外枠を本体のパームレストまで一体化したフレームレスとしてつなぎ目をなくた。キーボード奥の機能スイッチでは、音量調節の+/−ボタンで長押し操作に対応した。

 本体搭載インタフェースは、3基のUSB 3.0とUSB 2.0、SDメモリーカードスロット(SDXC、SDHC準拠、UHS-II対応)、HDMI出力のほか、無線接続でBluetooth 4.0とIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANが利用できる。NS850ではNFCも対応する。

 最上位モデルのNS850では、内蔵するインテルのReadsence 3D対応カメラで、Windows 10で導入した顔認識ログイン機能「Windows Hello」が利用できるほか、Realsence対応アプリとしてジェスチャー楽器アプリケーション「KAGURA」を導入した。(記事掲載当初、液晶駆動方式とキーボード機構の説明で誤りがありました。お詫びして訂正いたします)

NEC Direct(NECダイレクト)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.