ニュース
» 2015年10月26日 11時55分 UPDATE

Thermaltake、大型ファンを標準装備した拡張性重視のキューブPCケース「Suppressor F1」

アスクは、台湾Thermaltake製となるのキューブ型PCケース「Suppressor F1」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは10月26日、台湾Thermaltake製となるのキューブ型PCケース「Suppressor F1」の取り扱いを発表、10月30日に販売を開始する。予想実売価格は6980円前後(税別)。

photophoto Suppressor F1  天板側には大型のアクリル窓を備えている

 Mini-ITXマザーボードを装着可能なキューブ型ケースで、ケース前面に20センチ径の大型ファンを標準で搭載。また背面に8センチ角ファン2基を増設可能なほか、水冷ラジエータの装着にも対応している。拡張カードは最大285ミリまでの搭載スペースを確保。電源はATX電源(奥行き200ミリまで)の装着が可能だ。

 ドライブベイは2.5インチシャドー×2、2.5/3.5インチシャドー×2を装備。本体サイズは260(幅)×319(奥行き)×276(高さ)ミリ、重量は3.2キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.