ニュース
» 2015年10月28日 14時28分 UPDATE

JVC、色再現性に優れた“病理画像用”24.1型WUXGA液晶ディスプレイ「JD-C240」

JVCケンウッドは、医療現場向きの業務用24.1型液晶ディスプレイ「JD-C240」を発表した。

[ITmedia]
photo JD-C240

 JVCケンウッドは10月28日、医療現場向きの業務用24.1型液晶ディスプレイ「JD-C240」を発表、12月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は36万8000円(税別)。

 1920×1200ピクセル表示に対応した業務用24.1型ワイド液晶ディスプレイで、独自のカラーマネジメント技術により高精度の色再現を実現。同社測定では“一般的なモニター”との比較で色精度が5倍向上している、としている。また、独自プロファイル管理により色空間の共有にも対応しており、複数台で統一した色再現を行える。このほか、同社製プロジェクターとのカラーマッチングを実現できる追加キットも後日販売予定だ。

 表示機能としては、映像の視認性を向上させられる「コントラストエンハンサー」、全体の色味を変更せず彩度/明度の調整を行える「カラーエンハンサー」機能などを搭載した。映像入力はDVI/DisplayPortを搭載、USB 2.0対応の2ポートUSBハブも利用可能だとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.