ニュース
» 2015年10月28日 15時36分 UPDATE

Cerevo、Webサービスを手元で操作できる鍵スイッチ「Hackey」の国内販売を開始

Cerevoは、Webサービス連動型の無線LAN接続対応鍵スイッチ「Hackey」の国内販売開始をアナウンスした。

[ITmedia]
photo Hackey

 Cerevoは10月28日、Webサービス連動型の無線LAN接続対応鍵スイッチ「Hackey」の国内販売を発表、本日より販売を開始する。同社直販「Cerevo official store」での販売価格は9980円(税別)。

 IEEE802.11b/g接続に対応したワイヤレス式ガジェットで、物理キーのオン/オフにより対応するWebサービスの操作を行うことが可能。動作はWeb上の管理画面からカスタマイズが可能で、HTTPリクエストが可能なサービスであれば連携を設定することができる。APIも公開されており、対応サービスやハードウェアの開発も可能だ。


 なお海外向けとして、「indiegogo」を通じたクラウドファンディングもあわせて開始される。詳細はこちら

関連キーワード

Cerevo | Webサービス | 無線LAN


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.