ニュース
» 2015年11月18日 11時36分 UPDATE

ASUS、200型ワイドの大画面投写も可能になった超小型モバイルプロジェクター「P3B」

ASUSTeKは、手のひら大サイズの超小型筐体を採用したモバイルプロジェクター「P3B」を発表した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは11月18日、超小型筐体を採用したモバイルプロジェクター「P3B」を発表、11月20日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は9万5000円前後だ(税込み)。

photo
photo P3B

 手のひら大サイズのコンパクト筐体を採用したバッテリー内蔵型のモバイルプロジェクター。今回のモデルは表示スペックを大幅に向上しており、最大投写サイズを200型としたほか、ACアダプタ仕様時には最大800ルーメンの鮮明な投写を行うことが可能となった。

 容量2Gバイトの内蔵メモリ、およびmircoSDHC対応カードスロットも備えており、単体でのメディア再生にも対応。また付属のWi-Fiドングルを利用した無線LAN接続機能も搭載、スマートフォンの画像などをワイヤレスで出力することもできる。

 表示解像度は1280×800ピクセルで、入力インタフェースはHDMI(MHL対応)×1、アナログD-Sub×1、およびUSB 2.0×1、microUSB×1などを備えた。内蔵バッテリーでの駆動時間は最大約3時間だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.