レビュー
» 2015年12月03日 09時00分 UPDATE

Skylake、侵略完了(2):「ALIENWARE 15」の実力を解剖する 〜ベンチマークテスト編〜 (1/2)

最新の第6世代Coreプロセッサ“Skylake”を搭載して新登場したデル製ゲーミングノートPC「ALIENWARE」シリーズ。前回は「ALIENWARE 15」の外観を紹介したが、今回は肝心のパフォーマンスについて検証しよう。新プロセッサでエイリアンはどんな力を手に入れた……?

[山口恵祐,ITmedia]

←・Skylake、侵略完了(1):「ALIENWARE 15」の実力を解剖する 〜外観編〜

 デルのゲーミングPCブランド「ALIENWARE」シリーズのゲーミングノートPC「ALIENWARE 13/15/17」が“Skylake”世代の最新Core i5/i7プロセッサを搭載し、新モデルとして登場した。どの程度パフォーマンスを発揮するのか、今回は「ALIENWARE 15」で各種ベンチマークテストでチェックする。

背面パネル 「ALIENWARE 15」の背面パネルを取り外したところ

 評価機として用意したのは、最上位モデルとなる「スプレマシー」で、CPUは第6世代CoreのCore i7-6820HK(4コア8スレッド、2.3GHz/最大3.6GHz、3次キャッシュ8Mバイト)を採用する。このCPUはノートPC向けでありながらオーバークロックに対応し、最大で4.1GHzまで動作が可能となっている。

 メモリは16Gバイト、ストレージはPCI Express接続のNVMe対応512GバイトSSD(SAMSUNG製PM951)と、1TバイトHDD(HGST製HTS721010A9E630)のハイブリッド構成になっている。OSは64ビットのWindows 10 Homeだ。

 まずはストレージの性能をCrystalDiskMark 5.0.3で測定する。システムドライブとなる内蔵SSDのシーケンシャルリードは1689Mバイト/秒、シーケンシャルライトは592.8Mバイト/秒というスコアをマークし、現行最速クラスのSSDということもあって、不満はない。内蔵HDDも、シーケンシャルリードが134.3Mバイト/秒、シーケンシャルライトが133.9Mバイト/秒と、2.5インチドライブにしてはなかなか良好な結果だ。

 参考までにCrystalDiskMark 4.0.3の結果も掲載する。

ky_ALIENWARE15bench-14.jpgky_ALIENWARE15bench-15.jpg CrystalDiskMark 5.0.3による内蔵SSDの結果(写真=左)と、内蔵HDDの結果(写真=右)
ky_ALIENWARE15bench-16.jpgky_ALIENWARE15bench-17.jpg CrystalDiskMark 4.0.3による内蔵SSDの結果(写真=左)と。内蔵HDDの結果(写真=右)

 グラフィックス機能は、CPU内蔵のIntel HD Graphics 530に加えて、NVIDIAのGeForce GTX 980M(4Gバイト)を搭載している。早速ベンチマークテストを実施してみよう。

ky_ALIENWARE15bench-01.jpgky_ALIENWARE15bench-02.jpg CPU-Z(写真=左)GPU-Z(写真=右)
デル株式会社 デル株式会社

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.