レビュー
» 2015年12月15日 19時00分 UPDATE

高性能でコスパもすごい:大画面フルスペックのパワフルノート「m-Book W」で“下克上”再び (1/4)

17.3型ボディに第6世代CoreとGeForce GTX 960Mを搭載し、さらにPCIe 3.0 x4接続の爆速SSDまで詰め込んだ「m-Book W MB-W830X-SH」。このスペックでゲーミングPCブランドじゃないだと……?

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・第6世代クアッドコア+GTX 960M
・高速SSDとHDD、ODDのフルスペック
・17.3型の大画面液晶ディスプレイ
ココが「×」
・液晶ディスプレイの視野角がやや狭い
・通常キーとテンキーの間に隙間がない
・USB 3.1(Gen.2)には非対応

パワフル&フルスペックの大画面ノート「m-Book W」シリーズ

 マウスコンピューターの「m-Book W」シリーズは、17.3型という大画面液晶ディスプレイを搭載した高性能ノートPCだ。

 同社には「G-Tune」というゲーミングPCブランドが存在するが、このm-Book WはG-Tuneにない17.3型液晶を採用し、そのうえクアッドコアのパワフルなCPUとGeForce GTX 960Mを搭載、PCI Express 3.0 x4接続SSDとHDDのツインデータストレージに光学ドライブまで搭載できるフルスペック仕様となっている。ハイエンド志向の「G-Tune」を食う“下克上モデル”と言ってもいい

 現行のMB-W830シリーズでは、CPUがIntel最新の第6世代Coreとなっている。ボディの基本設計などは第4世代Coreを採用していた先代のMB-W810シリーズから引き継ぐ部分が多いのだが、CPUとチップセットがリニューアルされたため、PCI Express 3.0 SSDが本来の性能を発揮できるようになっており、システム全体のパフォーマンスが引き上げられている。

 同社の直販サイトでは7種類のベースモデルが用意されており、それぞれBTOでカスタマイズが可能だ。今回はその中から、超高速SSDとHDDを搭載することで、快適なレスポンスと十分な記録容量を両立させたモデル「MB-W830X-SH」を入手した。性能や使い勝手をレビューしよう。

og_mbook_001.jpg マウスコンピューターのm-Book Wシリーズは、17.3型液晶ディスプレイとNVIDIA GPUを搭載した大画面高性能ノートPCだ。充実したストレージを備えるフルスペック仕様とリーズナブルなプライスも魅力だ

シャープなフォルムのマットブラックボディ

 17.3型の大画面ディスプレイを搭載するだけあってボディは大柄だが、厚みは約31.9ミリとスリム。エッジをカットしたシャープなデザインを採用していることもあって、圧迫感はあまり感じない。サイズの割には重さも比較的抑えられており、室内で移動して使うくらいならば苦にならない。

 具体的なサイズは、約413(幅)×285(奥行き)×31.9(高さ)ミリで、重量は約3キロとなっている。評価機の実測重量は約3128グラムなので公称値より少し重いが、ハイスペックよりの構成であることも影響しているだろう。

 トップカバーとキーボードベゼル/パームレストには、しっとりとした触感のラバー質のマットブラック塗装を施していて、適度な上質さがある。

 バッテリーは本体手前側底部に搭載しており、容量は約62ワットアワーだ。公称のバッテリー駆動時間は約4時間と、据え置きでの利用を前提にした製品としては長め。停電時などにもしばらく使える点は心強いだろう。

og_mbook_002.jpg トップカバーは、ラバー質のマットブラック塗装がされている。同社ゲーミングシリーズであるG-Tuneシリーズでも見られるデザインだが、塗装やロゴの違いもあり、落ち着いた雰囲気に仕上がっている

og_mbook_003.jpg 底部には吸気用スリットが多く開けられている。手前側左にある小カバーはバッテリーで、ネジ2本で固定されている。手前側中央部は2.5インチベイがあり、奥側の大きなカバーを開けるとアクセスできるようになる。ネジを3本外すと奥側の大きなカバーを外せるようになり、2基のメモリソケットや、M.2ソケットなどにアクセスできる。CPUとGPUはそれぞれに別のヒートパイプ式クーラーで冷却されていることが分かる

og_mbook_004.jpgog_mbook_005.jpg 前面部には端子類は搭載していない。左側に電源/バッテリー状況を示すインジケータを備える(写真=左)。背面左右に排気口を用意している。中央部には、DC入力のほか、HDMI出力、MiniDisplayPort出力、USB 3.0ポートを装備する(写真=右)

og_mbook_006.jpgog_mbook_007.jpg 右側面の端子は、奥側から有線LAN、アナログRGB出力(D-Sub15ピン)、USB 3.0、SDメモリーカードスロット(SDXC/MMC対応)がある(写真=左)。左側面には光学ドライブ(BD-RE)ドライブを搭載する。奥側にはヘッドフォン、マイク、S/P DIF(同軸丸型)とUSB 3.0ポートがある。一番奥には盗難防止ワイヤー取り付け穴(通称:ケンジントンロック)も搭載している(写真=右)

og_mbook_008.jpg ACアダプターは比較的スリムだ。実測値は、サイズが74(幅)×146(奥行き)×26(高さ)ミリ、重量は約568グラム(電源ケーブル込み)だった。電力出力仕様は、120ワット(19.5ボルト/6.15アンペア)だ
マウスコンピューター/G-Tune

top_features1_icon_1_1422933195.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
超コンパクトなスティック型PC「m-Stick MS-NH1」が人気沸騰! 4K対応IGZO液晶+GTX 970Mの快速ゲーミングノートも!!


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.