ニュース
» 2015年12月18日 13時41分 UPDATE

ASRock、A88Xチップセット採用microATXマザー「FM2A88M-HD+」に基板サイズを縮小した新リビジョンモデル

アスクは、ASRock製となるAMD A88Xチップセット採用microATXマザーボード「FM2A88M-HD+ R3.0」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは12月18日、ASRock製となるAMD A88Xチップセット採用microATXマザーボード「FM2A88M-HD+ R3.0」の取り扱いを発表、12月26日に販売を開始する。予想実売価格は7080円(税別)。

 現行製品となるAMD A88Xチップセット採用microATXマザーボード「FM2A88M-HD+ R2.0」の後継モデル。おもな仕様は従来製品に準じつつ、基板サイズを縮小しているのが特徴だ。

photo FM2A88M-HD+ R3.0

 メモリはDDR3スロット2本(最大32GB)、拡張スロットはPCI Express x16×1、同 x1×1、PCI×1を装備。バックパネルはPS/2×1、USB 3.0×2、ギガビット対応LAN、DVI/HDMI/アナログD-Sub出力などを備えた。

関連キーワード

マザーボード | microATX | AMD | ASRock


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.