ニュース
» 2016年03月08日 13時00分 UPDATE

ついにビジネスの現場でも:デル、フレームレスデザインを採用する13.3型ビジネス向けノートPC「Latitude 13 7000シリーズ」発売

ビジネス向け「Latitude」シリーズにも、超薄型ベゼルの「InfinityEdgeディスプレイ」採用モデルが登場。

[山口恵祐,ITmedia]

 デルは3月7日、ビジネス向けノートPC「Latitude」シリーズの新モデル「Latitude 13 7000シリーズ」を発表、本日より販売を開始する。

Latitude 13 7000シリーズ 「Latitude 13 7000シリーズ」

 カーボンファイバーとアルミニウム加工により、米軍の耐衝撃選定基準「MIL-STD 810G」を満たす強度と耐久性を備えた「Latitude」シリーズ最薄最軽量モデル。個人向けノートPCの「New XPS 13」や「New XPS 15」と同様となる超薄型ベゼルの「InfinityEdgeディスプレイ」を採用することで、11型のボディサイズでありながら13.3型の画面サイズを実現している。

Latitude 13 7000シリーズ 個人向けNew XPSシリーズとの大きな違いは、堅牢性とセキュリティ機能だ

 Thunderbolt 3による接続に加え、TPMチップやスマートカードリーダー、指紋認証、DDPE暗号化(Dell Data Protection | Encryption)ソリューションなど、ビジネス向けPCに必要なセキュリティ機能を搭載している。

 主なスペックは、第6世代CoreのCore Mプロセッサ、最大16GBメモリ(DDR3-1600)、ストレージはM.2 SATA SSD、暗号化SSD、M.2 PCIe NVMe SSDの3種類から選択でき、容量は最大512GBだ。GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphics 515となる。バッテリー駆動は約10時間。

 ワイヤレス機能はIEEE802.11ac対応の無線LAN、Bluetooth 4.1、さらに「WiGig」も搭載可能。インタフェースはThunderbolt 3×2、USB 3.0×1、Micro HDMI×1、(SDXC対応)microSDカードリーダー×1、ヘッドセットジャック×1を備える。

Latitude 13 7000シリーズ側面のインタフェースLatitude 13 7000シリーズ側面のインタフェース 側面のインタフェース

 ディスプレイは13.3型でフルHD(1920×1080ピクセル)とタッチ対応のQHD+(3200×1800ピクセル)から選択可能で、パネルにはコーニングの「Gorilla Glass NBT」を採用する。天板はアルミとカーボンファイバーの2種類から選択可能。それぞれの天板とタッチパネルの有無で重量が最大150グラム異なる。

カーボンファイバーモデル(左)とアルミニウムモデル(右) カーボンファイバーモデル(左)とアルミニウムモデル(右)

 本体サイズは、304.8(幅)×210.5(高さ)×14.32(奥行き)ミリで、重量はカーボンファイバー非タッチパネルモデルが1.12キロ、カーボンファイバータッチパネルモデルが1.2キロ、アルミニウム非タッチパネルモデルが1.19キロ、アルミニウムタッチパネルモデルが1.27キロ。

デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.