連載
» 2016年03月09日 06時00分 UPDATE

SOHO/中小企業に効く「ポータブルHDD」の選び方(第3回):即戦力のポータブルHDDを選んでみた (1/2)

USBバスパワーで駆動し、大容量データの持ち歩きに活躍するポータブルHDDの選び方を紹介する本連載。第3回目は法人ユースでオススメできる即戦力の製品をピックアップし、それぞれの具体的な特徴を紹介する。

[山口真弘,ITmedia]

←・SOHO/中小企業に効く「ポータブルHDD」の選び方(第2回):法人向けポータブルHDDに求められる“大事な機能”って?

 第1回第2回と、ポータブルHDDをチョイスするにあたって気を付けるべきポイントを紹介してきた。今回は法人ユースでおすすめできる即戦力の製品をピックアップし、各製品の具体的な特徴を紹介していこう。

 昨今のポータブルHDDといえば、テレビ録画の容量増設を主な用途とした製品が多いが、今回は法人ユースを前提とするためこれらは除外し、何らかのセキュリティ機能を搭載しているか、もしくは耐衝撃や防水防塵性能を備えていることを主眼に置き、さらにUSB 3.0に対応したモデルをチョイスしている。文中で価格に言及している場合は全て容量が1TBのモデルを基準としている。

法人向けポータブルHDDの基本、ハードウェア暗号化対応モデル

 前回紹介したように、業務でポータブルHDDを使用するのであれば、ハードウェア暗号化に対応したモデルが望ましい。価格は一般的なモデルに比べて割高になるが、専用チップでデータを暗号化するため、たとえドライブを分解して取り外してもパスワードがなければデータを読み取ることができず、盗難や紛失によるデータ漏えい対策として高い効果を発揮する。まずはこれらの製品を紹介しよう。

 ハードウェア暗号化およびパスワードロックに対応する法人向けのポータブルHDDとしてスタンダードな製品となるのが、アイ・オー・データ機器の「HDPD-SUTシリーズ」だ。耐衝撃性能としてはMIL規格の「MIL-STD0810F」に準拠しており、122センチの高さから面や辺を変えつつ合計26回落下させても正常動作するという頑丈さが売りだ。

 Windows Server 2012などサーバー用OSに対応していることも特徴の一つだ。ハードウェア暗号化に対応していながら、1TBのモデルが1万円前後で入手できるリーズナブルさも見逃せない。

「HDPD-SUTシリーズ」 アイ・オー・データ機器の「HDPD-SUTシリーズ」

 ユーザーが持っている交通系や電子マネーといったICカードを登録することで、ロック解除に利用できるのがバッファローの「HDS-PZNU3TV3シリーズ」だ。ハードウェア暗号化に加えてウイルスチェック機能やIPX3/IP5X相当の防雨防塵性能、さらにMIL規格の「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能も備えた“全部入り”モデルとなる。同社独自のファームウェア改ざんチェック機能や、ウイルス添付ファイルを自動隔離する機能も搭載。さらに別売の管理ソフトウェアやサードパーティー製のデバイス制御ソフトとの組み合わせにも対応する。価格は同等製品の約3倍と高価だが、機能面は文句のつけようがない。

バッファローの「HDS-PZNU3TV3シリーズ」 バッファローの「HDS-PZNU3TV3シリーズ」

 ハードウェア暗号化に対応したモデルとしては、ウエスタンデジタルの「My Passport Ultra」も候補に入ってくる。他社のモデルのような耐衝撃機能こそ用意されていないものの、自分のPCに接続した際はロックを自動解除するオプションも用意するなど、使い勝手が煩雑にならないよう工夫されている。ソフトウェアベースになるが、バックアップ機能では保存先としてPCだけではなくDropboxも指定できる点もユニークだ。同種製品のほとんどがWindows向けである中、Mac用モデル「My Passport for Mac」をラインアップに加えているのも珍しい。

ウエスタンデジタルの「My Passport Ultra」 ウエスタンデジタルの「My Passport Ultra」
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.