ニュース
» 2016年03月10日 14時04分 UPDATE

600円の紙製VR HMD(1万個注文時):大日本印刷がVRイベントを支援 動画制作と紙製ヘッドマウントディスプレイ提供へ

大日本印刷は、VR動画の制作と鑑賞用ヘッドマウントディスプレイを提供するサービスを開始した。

[ITmedia]

 大日本印刷は3月10日、VR(仮想現実)イベントを支援するサービス「DNPカートンVRスマートフォンシアター」を開始した。VR動画の制作や鑑賞用の紙製ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を提供する。

VR 紙製ヘッドマウントディスプレイ

 スマートフォン用HMDのレンズは、一眼(2D動画用)と二眼(3D動画用)の2種を用意。外装は段ボール紙で、イベントに合わせたデザインを印刷できる他、折りたたみ式で持ち運びもしやすい。

 VRコンテンツには、ファンタジスタのインタラクティブVR制作ソリューション「iVRc Engine」を導入している。

VR使用

 価格は、コンテンツ制作料金が30万円から(建物内の360度撮影、動画作成など)で、ヘッドマウントディスプレイはロット1万個の場合600円(本体1個+レンズ2種)。

 大日本印刷は、イベントやセールスプロモーション、エンターテインメントの他、新築住宅の内見や観光地案内など、VR動画の活用が見込まれる分野を中心に、2018年までに20億円の売上を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.