ニュース
» 2016年03月25日 00時00分 UPDATE

動画で実力をチェック:市販プロジェクターがジェスチャー操作対応に生まれ変わる指先ガジェット「BIRD」日本上陸

ポインティングデバイスの新しい可能性を「BIRD」に見た。

[井上輝一,ITmedia]

 イスラエルのベンチャー企業であるMUV Interactiveは3月24日、市販のプロジェクターで投影した映像を直感的に操作できるウェアラブルデバイス「BIRD」の国内展開を発表した。3月24日よりドスパラを通じて予約を開始し、5月18日に発売する。価格はオープンプライスで、予想実売価格は4万9800円(税別)。4月中旬には数量限定で先行販売も行う。

指先デバイス「BIRD」 指先にはめるだけでタッチやジェスチャーなどの操作が可能になる指先デバイス「BIRD」

 BIRDは指先に装着して利用するウェアラブルデバイスで、市販のプロジェクターと組み合わせることでスクリーンに投影した画面を指先のタッチやジェスチャーによって操作できる。

 BIRDを利用するには本体とベースユニット、市販のプロジェクターとPCが必要だ。本体には光学センサーやジャイロセンサー、近接センサーなど10種類のセンサーを搭載しており、ベースユニットと組み合わせることでタッチやジェスチャーなど細かい操作を識別する。

 それぞれBIRD本体とベースユニット、ベースユニットとPCという順に無線で接続する。ポインティングの精度は1ミリ、レイテンシ(遅延時間)は50ms以下、最大接続距離は10メートルを実現。現状は5人までの同時接続と認識が可能だが、将来的には10人まで同時接続人数を増やすという。

 ベースユニットはUSBによる給電で動作する。プロジェクターのUSBポートから給電することを想定しているが、USBポートのないプロジェクターであっても、別途USB電源を用意すれば問題なく使用できるという。

 BIRD本体のバッテリーは連続使用でも3時間程度稼働し、セーブモードを併用すると9時間ほど稼働できるという。充電に使用するクレードルにはモバイルバッテリー機能が搭載されており、BIRDを5回分満充電できる。会議と会議の間などに、BIRDをクレードルに収めておくことでポケットの中でも充電できる。

「BIRD」本体とクレードル 「BIRD」本体とクレードル
BIRDと連携するベースユニット BIRDと連携するベースユニット

 MUV InteractiveのCOOであるユバール氏は「教育現場で用いられるインタラクティブホワイトボードやビジネス用途のタッチスクリーンなどの高価な機材を、BIRDと(市販の)プロジェクターで置き換えることができる」とコメント。大画面の直感的な操作を可能にするBIRDで、ビジネスや教育現場から家庭での使用まで、幅広い市場を視野に入れている。

 同社CEOのラミ氏は「ドローンやVR(Virtual Reality)、AR(Augmented Reality)などにも積極的に関わっていきたい」と語る。

 イスラエル発のベンチャー企業だが、既にソフトバンクコマース&サービスやリコージャパンなど日本の複数の企業とパートナー契約をしているという。指先デバイスと言えば、Logbarの「Ring ZERO」などが記憶に新しいが、BIRDがどこまで日本市場で展開できるか注目していきたい。

日本展開に意欲を見せるMUV社の面々 日本展開に意欲を見せるMUV社の面々

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.