ニュース
» 2016年04月19日 14時35分 UPDATE

キヤノン、HDBaseT接続にも対応した大会議室向けLCOS液晶プロジェクター

キヤノンは、同社製ビジネスプロジェクター「パワープロジェクター」シリーズのラインアップにHDBaseT接続対応モデル計2機種を追加した。

[ITmedia]

 キヤノンは4月19日、同社製ビジネスプロジェクター「パワープロジェクター」シリーズのラインアップにHDBaseT接続対応モデル計2機種「WUX450ST」「WUX6010」を追加、4月25日に販売を開始する。ともに価格はオープン、同社直販価格はそれぞれ72万円/74万3000円(ともに税別、WUX6010はレンズ別売)。

photophoto WUX450ST(左)、WUX6010 ※標準ズームレンズ装着時(右)

 2製品はともに1920×1200ピクセル(WUXGA)表示に対応するLCOS液晶パネル採用のプロジェクターで、LANケーブルで最大100メートルの映像伝送を可能とするHDBaseT規格に対応した。またWUX450STは無線LAN接続にも対応しており、専用アプリを用いることでPCからワイヤレス投写を行うこともできる。

 明るさはWUX450STが4500ルーメン、WUX6010が6000ルーメン。またWUX6010はレンズが別売となっており、ニーズに応じた計5種のレンズを選択することで柔軟な設置が可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう