ニュース
» 2016年05月13日 15時53分 UPDATE

サードウェーブデジノス、Xeon搭載ハイエンドWS「raytrek HE-X」をリニューアル

サードウェーブデジノスは、同社製デスクトップWS「raytrek HE-X」のリニューアルを発表。搭載CPUを最新のXeon E5ファミリーに変更した。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは5月13日、同社製デスクトップWS「raytrek HE-X」のリニューアルを発表、本日より販売を開始する。

 今回のモデルでは、CPUとして“Broadwell-EP”世代のXeon E5-2687W v4を標準で搭載したのが特徴だ。メモリは32GB、ストレージは480GB SSD+3TB HDDを内蔵。OSはWindows 10 Proを導入している。

photo raytrek HE-X

 製品ラインアップは、GeForce GTX TITAN X搭載モデルの「raytrek HE-XK」、Quadro M4000搭載モデルの「raytrek HE-X M4」、Quadro M6000搭載モデルの「raytrek HE-X M6」の3構成を用意した。標準構成価格はそれぞれ59万8980円/57万9980円/113万9980円だ(税別)。


 このほか、17.3型フルHD液晶/Quadro M1000M搭載のモバイルWS「raytrek QSF1000HGWS」の販売もあわせて開始した。プロセッサはCore i7-6700HQを搭載、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt 3対応コネクタも標準で備えている。標準構成価格は21万9980円だ(税別)。

photo raytrek QSF1000HGWS

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう