ニュース
» 2016年05月16日 14時53分 UPDATE

Acerが5K解像度、210度視野角のハイエンド向け「StarVR」でVR HMD参入 

スウェーデンのStarbreezeと組み、ハイエンドVR HMD製品を開発・販売する。

[松尾公也,ITmedia]

 SamsungのGear VR、HTCのHTC Viveに続き、AcerもVR HMDに参入する。スウェーデンのStarbreezeと提携し、同社の「StarVR」を共同開発・販売していくと5月15日、発表した。両社は取締役会の承認を得てジョイントベンチャーを設立する計画だ。

 StarVRを使用した2本のVR映画「Cockatoo Spritz」と「The Walking Dead」をカンヌ映画祭開催期間中にデモする。

photo StarVRで上映されるVR映画「Cockatoo Spritz」

 StarVRはStarbreezeがフランスのInfinitEye VRを買収して獲得。Steam OpenVRフレームワークをフルサポートし、2015年に買収したゲームエンジン「Valhalla」を使用する。

 横方向に210度、縦方向に130度という、現行製品では最大の視野角を持つのが特徴。2枚の5.5インチ液晶パネル(2560×1440)を組み合わせることで、5K解像度を実現している。ポジショントラッキングはマーカーを使うことで高い精度を持ち、マーカーを付ければ他のコントロールデバイスを追加することも容易だ。扱う解像度や視野角などから、Oculus RiftやHTC Viveよりもハイエンド市場を狙ったもの。

photo ヘッドセットやコントローラーにマーカーを付けてトラッキング

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう