連載
» 2016年05月28日 06時00分 UPDATE

なぜ逆の意味に? Google翻訳でNGな“日本語”

[ITmedia]

 変わった日本語やことわざなどを「Google翻訳」で翻訳してみるとどうなるのか、面白い翻訳結果を紹介する「Google翻訳に聞いてみた」

 弁解の言葉が見つからないときに使う「申し訳が立たない」という表現。社会人であれば、実際に使ったことがある人もいるかもしれません。今回は、この「申し訳が立たない」をGoogle翻訳にかけてみました。

Google 翻訳 面白い

 結果は「Sorry I can not stand」という翻訳に。これは日本語に訳すと「申し訳ないが私は我慢できない」となるので、ほぼ真逆の意味に翻訳されてしまったことになります。

 「立たない」の部分が「I can not stand」と翻訳されているようですが、この英文をそのまま送ってしまうと、本来の謝罪とは違ったものに……。これは、Google翻訳に頼ってしまってはいけない“日本語”ですね。英語でやり取りするときは、気を付けましょう。

 次回も面白い翻訳結果を紹介するので、お楽しみに!

連載バナー

(翻訳の結果は2016年5月10日現在のものです)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう