ニュース
» 2016年06月02日 18時58分 公開

NVIDIA Quadro M6000も選択可(なお追加で68万円必要):OVERCLOCK WORKS、ハイエンド向け「Broadwell-E」を搭載したBTO対応デスクトップPC

OVERCLOCK WORKSは、Broadwell-Eを搭載したBTOカスタマイズ対応デスクトップPC「OCW-STANDARD シリーズ」の販売を開始した。

[ITmedia]

 OVERCLOCK WORKSは、BTOカスタマイズ対応デスクトップPC「OCW-STANDARD シリーズ」にBroadwell-E世代のCore i7プロセッサを搭載する4機種を追加した。5月31日から販売を開始している。

Broadwell-Eを搭載したBTOカスタマイズ対応PC「OCW-STANDARD」 Broadwell-Eを搭載したBTOカスタマイズ対応PC「OCW-STANDARD」

 OCW-STANDARD シリーズは、筐体にAntec P100を採用したATXミドルタワー型PCだ。Broadwell-Eベースのプロセッサを採用し、最大128GBのメモリやNVIDIA Quadroシリーズの搭載も可能で、高いカスタマイズ性が特徴だ。最上位モデルではCore i7-6950X Extreme Editionを搭載しており、CG制作や動画制作など、CPUパワーが求められる分野で高いパフォーマンスが期待できる。

 最上位Core i7-6950X Extreme Edition搭載の「OCW-STANDARD for 2011v3 ST6950-A P100」の価格は35万5000円(標準構成、税込、以下同様)、Core i7-6900K搭載の「OCW-STANDARD for 2011v3 ST6900-A P100」が27万5000円、Core i7-6850K搭載の「OCW-STANDARD for 2011v3 ST6850-A P100」が21万7000円、Core i7-6800K搭載の「OCW-STANDARD for 2011v3 ST6800-A P100」が19万2000円となる。

 OSは64bit版Windows 10/8.1/7各エディションを選択できる。OSなしの構成も可能。メモリはDDR4 4GB×4の計16GB(最大128GB)、グラフィックスカードはAMD Radeon R7 360となるが、68万500円追加でNVIDIA Quadro M6000も選択できる。なお、GeForce GTX 1080は選択対象外だ。光学ドライブは標準でDVDマルチドライブ、システムストレージは標準で1TB HDDとなる。データ用のストレージもオプションで追加できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう