ニュース
» 2016年06月07日 20時00分 公開

つば九郎も登場:明治神宮球場のグラウンドに泊まれる! ヤクルトスワローズのスタジアムキャンプが2016年も開催 子供たちはタブレットで何を見た? (1/2)

憧れの明治神宮球場のグラウンドの地に足を踏み入れられるだけでなく、テントを張ってキャンプもできちゃう! イベントの舞台裏にも潜入した。

[山口恵祐,ITmedia]

倍率の高い人気イベント、2016年で6回目

 東京ヤクルトスワローズが主催する親子参加型のイベント「スタジアムキャンプ〜TOKYO HOME TOWN!2016〜」が、6月4日、5日の2日間にわたって東京・新宿にある明治神宮球場にて開催された。

「スタジアムキャンプ〜TOKYO HOME TOWN!2016〜」 明治神宮球場で行われた「スタジアムキャンプ〜TOKYO HOME TOWN!2016〜」

 2016年で6回目を迎える同イベントは、都心にある明治神宮球場で「都会で味わえないような体験を楽しめる」といった趣旨で行われており、参加した親子は球場内でタブレットを活用したスポーツ新聞記事作りや、バーベキュー、スワローズOBも参加する親子キャッチボール、グラウンドでキャンプ、天体観測など、盛りだくさんのイベントを楽しんだ。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

イベント内容は盛りだくさん!

 イベント当日、明治神宮球場横にある聖徳記念絵画館に集まった総勢50組の親子らは、最初にNECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンのタブレットを配布され、写真の撮影方法や通常の作文とは違う新聞記事の書き方、タブレットが外でインターネットにつながる仕組みといった内容のレクチャーを受けた。イベント中の出来事を新聞記事として簡単にまとめて提出すると、翌朝にイベント内で朝刊として配布してもらえるという企画が盛り込まれているのだ。

協賛がNECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンということで、配られたのはAndroidタブレットの「LAVIE Tab S」と「Lenovo YOGA Tab 3 8」だ。早速、配られたタブレットを使いこなす子供たち。デジタルネイティブなので抵抗はまったく感じられない

 レクチャー後、14時に試合開始となったヤクルト対バッファローズ戦を全員で楽しんだ後は、いよいよ憧れのグラウンドへ。普段はテレビや観客席からしか見られない場所に足を踏み入れられるということもあり、親と子供ともに楽しそうだ。非日常的な空間、そして人工芝の踏み心地は子供たちにとって新鮮に感じられたのではないだろうか。

グラウンドに入る前からポージングはバッチリ(写真=左)。いつもは外から見る景色も、中から見ると不思議な感じ(写真=右)
取りあえずグラウンドに寝っ転がってみる人多発。人工芝は気持ちいいのだ

 イベントが始まると、ヤクルトスワローズOBで現タレントのギャオス内藤氏も合流し、グラウンドを目いっぱい使った親子キャッチボールが行われた。ギャオス内藤氏が投球フォームを直接指導する場面や、グループ対抗で的当て対決も実施するなど、短時間ながら濃い内容となった。小さな女の子が的に当てたときは大きな歓声があがるなど、和やかなムードながらも盛り上がりをみせていたのが印象的だった。

元投手のギャオス内藤氏が登場。子供たちの笑いを取りながらもしっかりとした分かりやすい指導はさすがの一言
グラウンドで思いっきり体を動かし、新聞記事で使うであろう写真はタブレットでしっかり撮影していた

 体を動かした後は、場内でのバーベキューでおなかを満たしつつ、タブレットを使った新聞記事作り、宿泊するテント張り、天体観測などを行った。明治神宮球場は都会のど真ん中ということもあり、夜でも空が明るくて星は見えないが、タブレットに入っている天体観測アプリを使って星空を見上げる雰囲気は味わえたのではないだろうか。

外野席上段でバーベキュー
食事後は新聞記事の作成をタブレットで行った
テントも自分たちの手で張る。手順が分からない場合は、タブレットでYouTubeにアップされている動画を参考にしたようだ
夜中の天体観測
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう