ニュース
» 2016年06月16日 12時19分 公開

ネットギア、宿泊施設などへの導入にも向く屋外対応の11n無線LANアクセスポイント「WND930」

ネットギアジャパンは、防じん/防水機能を備えた屋外設置向きの11n対応無線LANアクセスポイント「WND930」を発売する。

[ITmedia]

 ネットギアジャパンは6月16日、防じん/防水機能を備えた屋外設置向きの11n対応無線LANアクセスポイント「WND930」および専用外部アンテナ「ANT24501B」を発表、7月1日に販売を開始する。価格はそれぞれ13万円/1万円だ(税別)。

photo WND930

 5GHz/2.4GHz帯のデュアルバンドをサポートしたIEEE802.11n対応/PoE給電対応のアクセスポイントで、IP65準拠の防じん/防水機能を搭載。また氷点下の環境でも利用可能なヒーターも内蔵、動作温度は−20度〜60度となっている。

 単体での利用のほか、同社製無線LANアクセスポイント/無線LANコントローラと組み合わせて用いることで、敷地全体での無線ネットワークの一括管理にも対応可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう